お知らせ

2021年12月15日株式会社ジェイアール東日本都市開発

「セルフレジ決済型冷蔵・冷凍スマートショーケース」で無人販売サービスの実証実験を開始

株式会社ジェイアール東日本都市開発とパナソニック産機システムズ株式会社は、新開発の「セルフレジ決済型冷蔵・冷凍スマートショーケース(仮称)※2」を用いて、2021年12月20日(月)から、無人販売サービス「EKIPICK MART(エキピックマート)」の実証実験を開始します。JR総武線船橋駅直結のショッピングセンター「シャポー船橋」の共用通路に本製品3機種4台を設置し、駅ビル内4店舗が提供する食品の無人販売を行います。「EKIPICK MART」は、株式会社ジェイアール東日本都市開発がコロナ禍で需要が高まった商品の非対面販売や夕食難民へのニーズに対応すべく、駅ビルの閉店時間後の駅ビル内店舗における食品購入の需要を検証してきたサービスです。今回はショーケースとセルフレジが連動することで、扉の閉め忘れ防止や販売時間の管理を可能とし、より安心・安全なサービス提供を本実証実験にて検証いたします。

詳しくはこちら:「セルフレジ決済型冷蔵・冷凍スマートショーケース」で無人販売サービスの実証実験を開始

※1 「PiTaPa」は扉の解錠および決済手段としてご利用いただけません。

※2 決済機能を使用するには、サービス提供事業者と決済事業者との契約が必要となります。

 

関連するニュース