STORIES:OKUROJI

【My Own Locals】#1前編
青森県・八戸の美しい風景と食に魅せられて。

【My Own Locals】#1前編  <br/>青森県・八戸の美しい風景と食に魅せられて。<br>
ストーリー

2020.10.10

この記事をシェア

魅力的な人やものが生まれる場所ってどんなところ? OKUROJIで働くさまざまな人たちのローカル=地元について、パーソナルな思い出からローカルならではの情報まで、ざっくばらんに聞いていきます。第一回は八戸都市圏交流プラザ8 base』のスタッフ、若松美保子さん。彼女が育った青森県・八戸圏域の魅力を探ります!

 Photo: Saori Tao  Text: Mayu Sakazaki

 

私の地元を紹介します!

【Profile】

若松美保子(わかまつ・みほこ)さん

八戸で生まれ育ち、「一度は地元を離れて、八戸の魅力を伝える仕事がしたい」とこの夏に上京したばかり。「8 base」のスタッフとして働きはじめてからは、改めて地元の特産物や名物を勉強中。お店のお気に入りメニューは「田子牛のタタキ」と「アピオス塩蒸し」。好きなアーティストは清木場俊介。OKUROJIで気になっているお店は、新潟セレクトショップ「NIIGATA 1〇〇」。

 

私の地元を紹介します!

Q1、八戸ってどんな街?

八戸は、北東北の港の玄関口って言われるくらい漁業がんなエリア。日本最大規模の朝市や横丁があって、ハシゴ酒の文化が息づいている水産都市です。ウミネコが産卵する蕪島っていう場所があるんですが、その周辺から見える工業地帯の夜景がすごく綺麗です。

 市内の農家さんが作る美味しい野菜や、八戸沖れるイカや八戸前沖鯖といった海の幸、せんべい汁とか……食べものは本当に魅力的です! 特に鯖はお中元でも漁師さんからもしょっちゅうもらうので、買うものじゃなくもらうもの、という感覚。八戸の鯖は脂がっていてすごく美味しいですし、本当によく食べます(笑)。

南部小麦を使ったせんべい汁は、父はパリパリの硬いうちに食べるのが好きで、私は柔らかくふやかして食べるのが好き。人によってベストな食べ方があって、好みが違うのも面白いです。

 

 

5種類のせんべいが楽しめる五代味くらべ 650円(税込)とせんべい汁用のせんべい。400円(税込)

Q2、子どもの頃の思い出は?

港の市場で魚を売ってるおばあちゃんたちのことを「イサバのカッチャ」って呼ぶんですけど、私のおばあちゃんも昔は市場にいたので、よく一緒に連れて行ってもらっていました。八戸港の朝市は全国的にも有名なスポット。おばあちゃんたちにくっついていって、商売している後ろで遊んでいたのを覚えています。やっぱり自然が多い地域なので、友達と遊ぶも港や公園が多かったですね。

 

 

八戸港の館鼻岸壁朝市

Q3、八戸はどんな人が多いの?

おしゃべりな人が多いです(笑)。例えばバス停にいたら、隣のおばあちゃんが話しかけてきて、バスを待ちながら2人でずっとしゃべってたり。おじいちゃんもおばあちゃんもおしゃべり好きだけど、すごく訛ってるから、地元で育った私でも何て言ってるのかわからないままずっと話しています(笑)。やっぱり漁業をやってる人が多いから、ワイワイ盛り上げるのがみんな好きなんですよね。

 

市場の様子

Q4、地元のお祭りや、季節の風物詩といえば?

季節ごとに色々なお祭りがあるので、それは毎年の楽しみです。「八戸三社大祭」っていうユネスコの無形文化遺産にもなっているお祭りがあるんですが、大通りで大きい山車を引っ張って回るんです。山車は昼間もよく見えて綺麗だけど、夜はライトが当たってすごく幻想的。それを見るために、毎年たくさんの人が訪れます。

八戸三社大祭 提供:(一財)VISITはちのへ

5月になるとウミネコの産卵がまるので、蕪神社もおすすめですよ。ここは2015年に火事で燃えてしまったんですが、今年の3月に新社殿が完成したほか、5月には「かぶーにゃ」っていう特産品のお店もオープンしました。私も先日ウミネコを見に行って、フンをかけられてきました(笑)。ウミネコのフンにはご利益があるんですよ!

蕪島

Q5、八戸でデートするならどこに行く?

種差海岸は綺麗でゆっくりできるからデートにはおすすめです。近くに展望台もあって、そこに「ホロンバイル」っていうカフェがあるので、そこのソフトクリームを食べながらっていうのも◎。

 郊外の南郷地区に行くと「山の楽校」っていうお店があって、その地域で作ったお蕎麦が食べられますよ。蕎麦打ちや味噌作りなど田舎暮らしの体験メニューもあるので楽しいです。廃校になった校舎を改築して使っていて、自然もたくさんあるので、癒されに行ってほしいです。

 

山の楽校

Q6、これだけは譲れないローカルグルメといえば?

八戸港にある「みなと食堂」のヒラメの漬け丼は有名ですけど、本当に美味しいので絶対に行ったほうがいいです。近くで働いていたによく前を通ってましたが、小さなお店なので、午前中からずっと行列ができてるんです。待つのを覚悟で行ってほしい!

 近くの「八戸市営魚菜小売市場」にはイサバのカッチャがたくさんいますよ。そこで好きなお刺身を選んで、100円くらいでご飯も売っているので、その場で丼にして食べたりとか。八戸でれたばかりの新鮮な魚が食べられるので、朝から市場を歩くのも本当におすすめです。

八戸市営魚菜小売市場 提供:(一財)VISITはちのへ

後編はこちら

この記事をシェア

関連記事