STORIES:OKUROJI

【大人のみだしなみ講座】#2 後編
SHETLANDFOXの上質な革靴を履いて、彼女のご両親に会いに行く

【大人のみだしなみ講座】#2 後編  <br/>SHETLANDFOXの上質な革靴を履いて、彼女のご両親に会いに行く<br>
スタイル

2020.08.27

この記事をシェア

大人のみだしなみってなんだろう? 画家であり、小説家でもある23歳のKaito FukuiさんがOKUROJIのお店を訪れ、人生の先輩たちにみだしなみのアドバイスをもらいながら、”大人”について考えていく連載です。第二回は、SHETLANDFOXの布施 隆行さんに革靴の魅力についてお聞きしました。後編は、実際に試着してみることに! (前編はこちら)

 

Photo: Saori Tao  Text & Illust: Kaito Fukui

「なんか、スニーカーよりもフィット感があるかも!」

と、ボク。

「本当にぴったりの革靴を履くと、実はスニーカーよりも快適なんです」

「インソールが足裏の形を記憶するので、オンリーワンの特別な靴になります」

と、布施さん。

人の内面は、靴を見ると分かると言っていた。

今日のご挨拶は、この靴を履いて

自分の内面は、自ら語らず足元で語る

ジェントルマン作戦に決めた。

Before
After

OKUROJI のSHETLANDFOXでは

フルラインナップを見ることが出来る。

それに、これまで春と秋に行われていた

パターンオーダーが、OKUROJIでは

厳選したシリーズのパターンオーダーを常設しているから

いつでも、自分だけの最高の革靴を作ることが出来る。

特別な素材も、自分好みにカスタム出来るから

特別な時用でも、プレゼントにもいいね。

ジェントルマン作戦は、長期戦。

相手は、女の子だけではないからね。

布施さんにお別れを告げ

いよいよ、彼女の実家へ。

ドアを開けると、お父さんが仁王立ちしている。

ケンジントンⅡを履いているおかげか

何故か、自信に満ち溢れている。

玄関で、靴を脱ぐと

「いい靴履いてるな」

お父さんが笑った。

SHETLANDFOXの詳細はこちら

Profile

Kaito Fukui 

画家、小説家。1997年東京都出身。サーフィン中心の生活から都心生活に移り3年。離れて再認識した、海、サーフィン。ディアル生活を考える日々。anna magazine のweb メディア“container“にて「えもーしょん」連載中

Instagram : @kaito_fukui  @vacanceshop

この記事をシェア

関連記事