インフォメーション

2k540 AKI-OKA ARTISAN トップ > インフォメーション > 四日市萬古焼 B-style 「ふだん使いの器たち」展

四日市萬古焼 B-style 「ふだん使いの器たち」展

苫米地正樹作6月9日(木)~6月12日(日)
オシャレでモダンな住宅に変わりつつある、新しいライフスタイルに溶け込むような器を軽快なフットワークでユーザーに必要なものを探しながら、使い手の気持ちになって、毎日使っても飽きが来なく、また、手軽に手に入れることができる、シンプルで味わいのある器作りを目指しています。

作家紹介
苫米地正樹
苫米地正樹 (とまべちまさき)

経 歴

1977年  三重県四日市市に生まれる。
1996年  三重県四日市市工業高等学校セラミック科卒業
       高等学校在学中 炎博覧会ストリートファニチャー縮尺模型展「入選」
       日清食品現代陶芸めん鉢大賞展「入選」
1996年  四日市市㈱スズ木に入社 工房「萬泥庵」にて作陶
1999年  四日市市萬古焼総合コンペ「四日市市市議会議長賞」 「奨励賞」
2001年  金沢わんone 大賞「優秀賞」
       四日市萬古焼総合コンペ 「三重県地場産業振興センター理事長賞」
2003年  独立 四日市市西阿倉川に築窯
        「けむり陶房 苫屋」として活動 現在に至る

作 品

苫米地正樹作

石川哲生
石川哲生(いしかわ てつお)

経 歴

1951年  三重県菰野町生まれ
1977年  陶磁器業界に入る
1992年  独立 絵付け加工業を創める
1997年  伊藤 圭師に手びねりを学ぶ
       三重県菰野町に築窯
       三重県窯業研究室にて研修
1998年  水谷 満師にタタラ成形を学ぶ
       Loft クリエーターズテーブルに出展
2007年  四日市陶磁器総合コンペ 「グランプリ」受賞

作 品

石川哲生作